『オレは摂取す』は、疲労回復をサポートするリカバリーゼリー飲料として、陸上競技(マラソン・トレイルなど)、サッカー、卓球などのトップアスリートはじめ、スポーツを愛する多くの方々にご愛飲頂いております。

その中で、一番多いご質問が・・・

「オレは摂取す」を摂取するタイミングについてです。

そこで、エビデンスや実際に摂取しているトップアスリートはじめ多くのご愛飲者様からの声も含め、まとめましたのでご参考いただければと思います。

【「オレは摂取す」を効果的に摂取するタイミング】

「オレは摂取す」は、ダイトー水産㈱の強みである「TC3000(天然まぐろ皮由来コラーゲンペプチド)」を原料にアスリートの永遠の悩みである【疲労回復】を解決したいという強い思いで開発致しました。あくまでも食品であり、いつ飲んで頂いても大丈夫ですが、開発した際の摂取するタイミングは「運動後30分以内(空腹でもある状況)」を想定しています。
(※空腹時の方が、体内への吸収を効率的に行なうことが出来るためであります。配合している成分も、体内への吸収を考えた設計をしており、より実感力を感じることができると考えます。)

一方で、運動後はもちろんですが、別の文献においては「運動前」のアミノ酸の摂取が疲労回復に効果があるということも実証されております。合わせて、販売を通じて多くのお客様に摂取している実際の声も含め、もっとも効果的に摂取するタイミングをまとめましたので、ご参考下さい。

【オススメ摂取タイミング】

<普段の練習時>
◆運動後に摂取する ⇒ 最も多い声
◆運動前・運動後に、それぞれ摂取する
(空腹時のタイミングでの摂取をおススメします!)
◆ポイント練習など、ハードな練習をした後に摂取する
◆食事では補うことが難しい「鉄分」を意識し、食事のデザートとして摂取する。
◆寝る前や朝起きてすぐに摂取する

<大会やレース時>
●大会・レース前日に摂取する(前日の夜寝る前に摂取する)
●大会・レース当日の朝起きてすぐに摂取する(空腹のタイミングで体内への吸収率も高い傾向)
●大会・レース後に摂取する(全力を出し切った後のリカバリー)

という感じになります。
但し、「オレは摂取す」は、あくまでも食品であり、どんなタイミングでも美味しくお召し上がり頂けます。また、生活パターンや個人差もありますので、皆さまのライフスタイル(運動スタイル)に合わせて頂きつつ、可能な限り“空腹時”に摂取することをオススメします。

ご参考までに、トップアスリートの多くは、主に練習後の30分以内に飲んでおり、ポイント練習などハードな練習後は欠かさず飲んでいる傾向にあります。(練習後の空腹時のタイミングで飲んでおります)

また、元実業団ランナーの話として、目標レースにパフォーマンスのピークを合わせる「テーパリング」が非常に大切ですが、その「テーパリング」をする中で、レース3日前から「オレは摂取す」を飲むと、大会当日のコンディションが非常に良かったとの評価も頂いております。

上記例は、ランナーからのレビューが中心ではありますが、他のスポーツにおいても同様で、日々の運動において疲労を残さないことが大変重要になると考えます。日々のバランス良い食事を中心に「オレは摂取す」を摂取することで、栄養成分をしっかり補給しリカバリーをに努め、より強度の高い練習を継続的に行ないながら、常にベストコンディションで最高のパフォーマンスが発揮できるルーティーンをしっかりと確立していくことが、ライバルとの差に繋がってくるものと考えます。

コロナ禍で多くの大会が中止となっておりますが、逆にこのような時期だからこそ、ライバルとの差をつける意味でも、「オレは摂取す」を活用しながら、レベルアップを図っていくのも手かもしれません!

  

限界に挑むアスリートが実感力で選ぶならオレは摂取す